軽自動車を車検に出す場所を徹底比較

軽自動車を車検に出す場合には、どのような依頼先があるのか事前に把握をしておく必要があります。例えば、新車で購入をした場合などでは、一般的にはディーラーに依頼される方法が多く利用されていますが、依頼先によっては費用に開きがあり、より安い金額で済ませたい場合には他の依頼先を知っておくことも方法の1つとなります。また、費用面だけでなく整備面においても違いがあり、選択では、どこまでの内容を求めるかによっても異なってきます。現在の国産車の場合には非常に品質が良いことから、かつてのように故障等が起きる確率は非常に小さく、自分でできるメンテナンスを行うだけでもトラブルを避けることができます。整備がしっかり行われていれば法定費用のみで済ますことができ、非常に安い金額で検査を通すことが可能となります。

充実した整備が期待できる依頼先について

軽自動車の車検では、しっかりとした整備を望む場合には、ディーラーや車検専門店が適しています。特徴としては、まず、ディーラーの場合、信頼性や質の高い点検整備をメリットとして上げることができ、専用テスターがあるなど設備面の充実と、知識や経験が豊富なことがあります。また、検査対象部分の他の点検が受けれたり、代車の無料貸出など利便性が高く、保証が付くために安心できることがあります。一方デメリットとしては費用がかかることがあり、他メーカーの車への対応が弱い面があります。次に、専門店の場合は、何といっても費用が安い点があり、大きな特徴としてその内容が明確に表示されていることがあります。特に多店舗を設けている業者の場合にはどの店舗でも同料金で利用することができ、車種を問わず検査を受けることができます。デメリットとしては、基本的には必要な項目以外は点検整備を行わない点があり、車両は自分で持込む必要があります。

柔軟な対応ができる依頼先について

軽自動車の車検は、ディーラーや専門店の他にも依頼先があり、民間整備工場や、カー用品店、ガソリンスタンドでも受けることができます。中でもカー用品店とガソリンスタンドは利便性が高く、気軽に依頼をすることができます。また、特徴の1つに柔軟な対応が可能な点があり、ガソリンスタンドではリビルト品の使用や、カー用品店の場合には豊富な商品の中から必要となる材料を選ぶことができます。特に、規模が大きなカー用品店の場合には許認可を取得するなど、民間整備工場としての機能を備えている店舗もあり、安心して依頼をすることができます。費用面においても明確に表示されており、多くは、車種、作業内容によってコースが設けられるなど、依頼では自分のニーズに合わせた内容を選ぶことができるようになっています。難点としては、ディーラーと比べた場合に設備面で劣る点があり、対象車両に特化した知識が少ないことがあります。また、車両持込が必要なことも難点の1つとなります。