軽自動車と普通自動車で車検に違いはあるのか

自動車を所有していると2年に一度は必ず継続検査(車検)を受ける必要があります。継続検査を受けない状態で公道を走行すると、違法となります。継続検査は普通自動車でも軽自動車でも受けなければなりませんが、検査内容について、ほとんど違いはありません。しかし、検査場所が異なります。普通自動車の場合には国土交通省が管轄している陸運局で受検することになりますが、軽の場合には都道府県が管轄する検査協会において行います。また、提出する申請書が異なります。その他の添付書類については普通自動車も軽も同様の書類を準備する必要があります。大きな違いこそありませんが、普通自動車のほうが重量税は高く設定されているために、より多くの経費(法定費用)が必要となります。

軽自動車と普通自動車の車検の違い

自動車を所有していると、必ず2年毎の車検(継続検査)が義務付けられています。検査を受けないまま公道を走行することは違法行為となるのです。この継続検査は軽自動車であっても普通自動車であっても受ける必要があります。普通自動車と軽の継続検査の内容についてはさほど大きな違いはありません。どちらもライトの点滅の検査から始まり、スピードメーターおよびブレーキの検査、ヘッドライトの光軸の検査、そして足回りの検査が課せられています。そして、全てに合格しない限りは新しい車検証は発行されません(指定整備工場で検査を受けて適合証が発行されている場合には検査場で検査を受ける必要はありません)。ただし、検査場が異なります。普通自動車の場合には国土交通省が管轄する陸運局、軽の場合には都道府県が管轄する検査協会で検査を受ける必要があります。

大きな違いは検査の際に必要な費用

前述のように検査場の違いこそありますが、検査内容に違いはありません。一番の大きな違いは検査を受ける際に必要となる費用(法定費用)であると言えます。継続検査を受ける際には、自動車重量税と検査手数料、自賠責保険料が必要となります(これらは法定費用と言われています)。検査手数料と自賠責保険料については大きな差は無いのですが、自動車重量税は大きく異なります。普通自動車の場合には車種によって税額が設定されています。最低でも1万円、車種によっては数万円と課せられます。一方、軽自動車の自動車重量税については2500円から8200円と1万円以下で設定されており、ここで数万円の差が生じてしまいます。また、検査時の費用以外にも自動車税も普通自動車の方が高く設定されているのです。このように、費用面で大きな違いがあるのです。