軽自動車の車検はどこがおすすめなのか

軽自動車、普通車問わず、車検は自動車の安全性の確認、及び自賠責保険の更新、更には重量税支払いのために行われます。新車登録から初回は3年後、そしてそれ以降は2年ごとに受ける必要があります。これは法律によって義務付けられている検査です。よってこの検査を受けていない自動車は、走行させることはできません。また審査を通るためには、定められた基準を満たしている必要があります。そのため検査は受けたけれど、通らなかったと言う自動車に関しても、走行させることは不可能です。この検査は、ガソリンスタンドや自動車整備工場、またディーラーなどで受けることができます。法定費用と呼ばれる部分に関して、費用は一律ですが、検査費用に関しては費用が異なっているので、比較が求められます。またそれぞれメリットも異なります。

軽自動車の車検はどこがおすすめか~ユーザー車検

まずおすすめされるのは、ユーザーです。通常、ガソリンスタンドや工場などに依頼した場合は、検査やそこにかかる事務手続きは、店員や工員が行ってくれます。一方、ユーザーの場合は、それらを全て自分で行う必要があります。ですが自分で行うと言うことは、そこに検査費用や事務手続き費用が発生しないと言うことです。よってこの検査にかかる費用を、とても安く抑えることができると言うメリットが得られます。この方法で検査を受けたい場合は、軽自動車のこの検査専門の協会を利用します。全国に事務局、支所があるので、まずはそこに予約を入れるところから始まります。自分で検査を行うと言っても、所定の場所に自動車を乗せたり、専用の道具を利用して数値を計測したりするだけなので、それほど難しくないのもおすすめの理由のひとつです。

軽自動車の車検はどこがおすすめか~ガソリンスタンド

もうひとつ、おすすめなのがガソリンスタンドです。ガソリンスタンドがおすすめされる理由として、まずは整備工場やディーラーなどで受けるよりも、比較的、検査費用が安いと言う点が挙げられます。またガソリンスタンドは、比較的、私たちの生活圏内ある施設であり、身近であると言うのも理由のひとつです。整備工場などを探すとなると、なかなか見つからないと言う地域も多いかもしれませんが、スタンドであればまず見つかると言うことです。更にスタンドで受けた場合、1日、早い場合では2~3時間程度で検査が終了することが多いと言うのもおすすめの理由です。勿論、混雑具合にもよりますが、そうしたパックもあるので、それを選択しておけば確実に短時間で検査は終了します。ユーザーのように自分で行うのは面倒、だけど費用はある程度、安く抑えたいと言う人には、スタンドはぴったりの検査場所です。

ホリデーの立会い車検では、受付から30~40分で、車検とメンテナンスの作業が完了します。 立会い車検により不必要な部品交換はしません。他店の見積もりと比べると立会い車検の安心感がわかります。 完全予約制の立会い車検でおまたせいたしません。 平成6年に全国で初めて立会い・短時間車検をスタートし、皆様にご愛顧頂いています。 軽自動車の車検を短時間で終わらせよう。